1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 男子58キロ級鈴木セルヒオ、初の五輪へ テコンドー

男子58キロ級鈴木セルヒオ、初の五輪へ テコンドー

スポーツ | 神奈川新聞 | 2020年2月11日(火) 13:00

男子58キロ級決勝で東島星夜(手前)を破り、東京五輪日本代表に決まった鈴木セルヒオ=岐阜県羽島市(共同)
男子58キロ級決勝で東島星夜(手前)を破り、東京五輪日本代表に決まった鈴木セルヒオ=岐阜県羽島市(共同)

 テコンドーの東京五輪日本代表最終選考会は9日、岐阜県羽島市で行われ、男子58キロ級は全日本選手権で3連覇している鈴木セルヒオ(東京書籍、川崎市川崎区出身)が制し、同68キロ級で優勝した弟の鈴木リカルド(大東大)とともに兄弟での初出場を決めた。

 女子57キロ級は2015年世界選手権覇者の浜田真由(ミキハウス)が優勝し、3大会連続の代表に決まった。同49キロ級は全日本選手権3連覇中の山田美諭(城北信用金庫)が決勝で白鵬女子高2年の村上智奈(炫武館)を下し、初の代表入りを果たした。

 男子68キロ級の小山内海斗(大阪経法大、横浜市中区出身)は準決勝敗退。同58キロ級の村上亨來(炫武館)も準々決勝で姿を消した。

貴公子「兄弟で金を」

 ボリビア育ちの“貴公子”が、五輪切符をもぎ取った。男子58キロ級を制したのは鈴木セルヒオ。ひりつくような競り合いにも、端正な顔立ちは最後まで崩れなかった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東京五輪に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング