1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 横須賀市長選、投開票まで1カ月 現職と新人が名乗り 

横須賀市長選
横須賀市長選、投開票まで1カ月 現職と新人が名乗り 

選挙 | 神奈川新聞 | 2021年5月27日(木) 05:00

 6月20日告示、同27日投開票の横須賀市長選まで1カ月となった。

 立候補の意向を明らかにしているのは、現職で再選を目指す上地克明氏(67)、新人で2013年に続き2度目の挑戦となる岸牧子氏(64)の2人。

 ほかにも候補者擁立をうかがう動きもあるが現時点では流動的だ。

 同市長選は09、13、17年と現職と新人が激しく争い、そのうち2度現職が落選する激戦が展開されたが、今回は選挙が目前に迫ったこの時期も静けさが広がる。

 理由として挙がるのは新型コロナウイルスの感染拡大だ。

迫られるコロナ対策

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横須賀市長選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング