1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 海水浴場開設見送り 鎌倉市長「住民の不安払しょく難しい」

新型コロナ
海水浴場開設見送り 鎌倉市長「住民の不安払しょく難しい」

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年5月27日(木) 12:05

臨時会見で今夏の海水浴場開設を断念したことを発表する松尾崇市長=26日、鎌倉市役所

 鎌倉市の松尾崇市長は26日、臨時会見を開き、昨夏に続いて今夏も海水浴場開設を断念すると発表した。

 市長は「新型コロナまん延が収まらず、海水浴場開設による感染拡大のリスクが懸念され、近隣住民の不安を払拭(ふっしょく)し理解を得ることが難しい」と理由を説明。

 来訪を控えるよう呼び掛けつつ、ライフガードや警備員などを配置してビーチの安全対策を講じるとした。

 市は4月末に海岸近くの11自治会で意見を聞き取ったほか、5月19~23日にLINE(ライン)で市民約千人から開設可否の調査に回答を得たところ、多くの反対の声が寄せられたという。

市長「補償を条件にしていない」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング