1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 横浜FC
  5. 若手とベテラン融合 横浜FC、13年ぶりJ1で旋風を

若手とベテラン融合 横浜FC、13年ぶりJ1で旋風を

横浜FC | 神奈川新聞 | 2020年1月16日(木) 05:00

13年ぶりにJ1で迎える開幕に向けて始動した横浜FC=和歌山県上富田町
13年ぶりにJ1で迎える開幕に向けて始動した横浜FC=和歌山県上富田町

 2007年以来となるJ1で戦う横浜FCは15日、和歌山県上富田町の上富田スポーツセンターでキャンプインし、シーズン開幕に向けて始動した。

 初日はフィジカル中心のメニューで、選手たちは長距離走などで体力を測定。元日本代表MFの中村俊輔や松井大輔らベテランたちも精力的に体を動かした。

 J1定着に向け、今季の目標を「TOP10」とした下平隆宏監督は「簡単な目標ではないが、やはり戦術が大事になってくる。去年の主力選手をベースに、新加入選手がどれだけ食い込めるか。まずは2、3日でトレーニングに慣れてもらいたい」と話した。

 リーグ最年長選手で2月に53歳となる三浦知良は、フィリピンの火山噴火の影響で自主トレーニングを行っていたグアムからの帰国が遅れ、16日に合流予定。

プロ24年目を迎える俊輔
限界決めず食らい付く 経験値チームに還元

 腹筋の反復テストで苦悶(くもん)の表情を浮かべ、長距離走では若手に後れを取った。それでも、ボールに触れば自然と笑みがこぼれた。

 プロ24年目の開幕に向け、横浜FCの一員として始動した中村は「去年はチームが出来上がった状態で入ったから、(ことしは)入りやすい」と新顔も増えた輪に溶け込んでいる。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜FCに関するその他のニュース

横浜FCに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

サッカーに関するその他のニュース

アクセスランキング