1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 横浜FC
  5. 横浜FC、再生医療でパートナー契約 選手をサポート

横浜FC、再生医療でパートナー契約 選手をサポート

横浜FC | 神奈川新聞 | 2022年6月1日(水) 10:00

「ONODERAメディカル」のサポートを受けることになったJ2横浜FCの小川(左から2人目)とシーガルズの吉田(同3人目)=クラブ提供

 サッカーのJ2横浜FCは1日、再生医療を手がける「ONODERAメディカル」とオフィシャルパートナー契約を結んだと発表した。近年アスリートのリハビリ分野で注目される新療法を活用し、第一線で活躍する選手を支えていく。

 昨年11月設立の同社が提供するのは、血小板に含まれる成長因子の濃縮液を患部に注入する「PRP療法」。自然治癒力を高め、細胞組織の再生を促進する効果があるという。患者自身の血液を使用するため、身体への負担が少ないことが大きな利点だ。

 5年前に左膝前十字靱帯(じんたい)断裂の大けがを負ったFW小川航基はクラブを通じ、「サッカーは関節内のけがが多いスポーツ。再生医療の分野でサポートしてもらえることは大変心強い」とコメント。女子のニッパツ横浜FCシーガルズのMF吉田凪沙は、「けがをした後に一日でも早く戻れるようになれば。選手たちも再生医療について知る良い機会になると思う」と期待した。

 8月に東京・大手町にCPC(細胞培養センター)が開設される予定。両チームのフィジカルコーチやメディカルスタッフと連携し、選手の要望に応じてPRP療法を提供する。同社学術顧問の藤宮峯子氏は、「新しい医療、未来志向の医療で選手たちをサポートしていきたい。これまで以上にパフォーマンスを上げて活躍してもらいたい」としている。

横浜FCに関するその他のニュース

横浜FCに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

サッカーに関するその他のニュース

アクセスランキング