1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. SC相模原
  5. J2相模原・高木新監督が会見「最後は笑えるシーズンに」

J2相模原・高木新監督が会見「最後は笑えるシーズンに」

SC相模原 | 神奈川新聞 | 2021年6月2日(水) 19:35

就任会見で意気込みを語る高木氏

 J2相模原の高木琢也新監督(53)が2日、オンラインで就任会見に臨み、「自分のこれまでの経験をチームに注ぎ、一丸となって目的を成し遂げる。今は苦境だが、最後は笑えるシーズンにしたい」と抱負を述べた。

 クラブの望月代表とは、横浜FCの監督時代に師弟関係だった。現在J2最下位に低迷するチームの再建を託され、「サッカー人として監督というものを第一に置いている。あまり深く考えずにやってみようと思った」と引き受けた際の心境を明かした。

 現役の日本代表時代は大型ストライカーで「アジアの大砲」と呼ばれた高木氏。現在リーグワーストの10得点と攻撃力アップが喫緊の課題であるチームの印象について「後ろに比重を置き、相手に対しての厳しさやハードワークが少し欠けていた印象」と語る。その上で「アグレッシブな姿勢はエッセンスとして入れていきたい。球際や切り替えでしっかりファイトしてもらい、攻撃では縦の意識は絶対に見せたい」と意識改革を行う。

 2018年まで6シーズン率いた長崎戦(5日・ギオンス)が初陣となる。「最後まで諦めない姿勢を見せ、見ている人のハートに何かを感じてもらえる試合をしたい」と後半戦での巻き返しを誓った。(木田 亜紀彦)

SC相模原に関するその他のニュース

SC相模原に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

サッカーに関するその他のニュース

アクセスランキング