1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 横浜F・マリノス
  5. モンバエルツ監督「ACL出場権を勝ち取ることが目標」 J1横浜Mが新体制発表

モンバエルツ監督「ACL出場権を勝ち取ることが目標」 J1横浜Mが新体制発表

横浜F・マリノス | 神奈川新聞 | 2017年1月16日(月) 02:00

集まったサポーターらと記念写真に納まる前列左から吉尾海夏、山中亮輔、ウーゴ・ビエイラ、高野遼、後列左から原田岳、鈴木彩貴、杉本大地、松原健、扇原貴宏=横浜市西区の日産グローバル本社
集まったサポーターらと記念写真に納まる前列左から吉尾海夏、山中亮輔、ウーゴ・ビエイラ、高野遼、後列左から原田岳、鈴木彩貴、杉本大地、松原健、扇原貴宏=横浜市西区の日産グローバル本社

 J1横浜Mは15日、横浜市西区の日産グローバル本社でサポーター約1300人を集めて新体制を発表した。昨季年間10位に終わり、3季目となるエリク・モンバエルツ監督は「アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権を勝ち取ることが目標。達成するためのクオリティーは持っていると確信している」と抱負を語った。

 昨季レッドスター(セルビア)でプレーしたポルトガル出身のFWウーゴ・ビエイラや、元日本代表のMF扇原貴宏ら9選手が新たに加入。リオデジャネイロ五輪代表候補だった世代を代表する山中亮輔、松原健の左右DFも名を連ねる。

 ただ、長くクラブの顔だった中村俊輔が磐田に流出し、榎本哲也、兵藤慎剛らベテラン勢も次々と移籍した。日本代表の斎藤学も海外移籍を希望しており、利重孝夫チーム統括本部長は新たな外国人選手獲得の可能性も示した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜マリノスに関するその他のニュース

横浜F・マリノスに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

サッカーに関するその他のニュース

アクセスランキング