1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 横浜F・マリノス
  5. 横浜MのAロペス、復調の2得点 逆転の個人タイトル射程

10月29日・浦和戦
横浜MのAロペス、復調の2得点 逆転の個人タイトル射程

横浜F・マリノス | 神奈川新聞 | 2022年10月30日(日) 00:30

横浜M4-1浦和

【横浜M-浦和】前半、チーム2点目を決め、喜ぶ横浜M・アンデルソンロペス=日産ス(花輪 久写す)

 大一番に照準を合わせてきた。最近5試合、ゴールから遠ざかっていた横浜Mのアンデルソンロペスが復調の2得点。母国ブラジルの国旗が揺れるホーム側スタンドに咆哮(ほうこう)を響かせた。

 1─0の前半37分。左サイドからカットインしたエウベルのシュートが弾かれるのを予期したかのように待っていた。素早く寄せ、右足で丁寧にフィニッシュ。3─0の後半20分には右CKから近いサイドで味方がそらしたボールを頭でゴール左隅にたたき込んだ。

 「周りのいいプレーがあり、自分もいいポジショニングができた。チームプレーの中でやりやすさを感じている」。試合後、真っ先に口にしたのは仲間への感謝だ。チーム最多タイの11得点とし、逆転の個人タイトル獲得も射程に捉えた。

 開幕13試合で7得点とハイペースでゴールを量産しながら、5月21日の福岡戦で相手選手の胸につばを吐いて6試合の出場停止処分。一度はつまずいたが、練習を休むことなく裏方として支えた。復帰後はマスカット監督の信頼を肌で感じながら、味方を生かすプレーにも磨きをかけた。

 「神戸で勝利を手にし、優勝者となって横浜に戻ってきたい」。生粋のゴールハンターが最後の大仕事を果たしにいく。
(藤江 広祐)

横浜F・マリノスに関するその他のニュース

横浜F・マリノスに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

サッカーに関するその他のニュース

アクセスランキング