1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 横浜F・マリノス
  5. 松田直樹さん急逝から10年 横浜M、AED普及へユニ販売

松田直樹さん急逝から10年 横浜M、AED普及へユニ販売

横浜F・マリノス | 神奈川新聞 | 2021年8月3日(火) 23:30

松田直樹さんの逝去から10年を前に会見した横浜Mの黒沢社長(左)ら=クラブ提供

 J1横浜Mは3日、元日本代表DF松田直樹さんが急性心筋梗塞のため34歳で亡くなってから10年となる4日を前に、故人をしのぶ企画を発表した。

 ツイッターの「オンライン記帳」や背番号3のユニホーム販売などを通じ、クラブの偉大なレジェンドの存在を広く伝えていく。

 黒沢良二社長は会見で、「偉大なサッカー選手がいたことをクラブが続く限り伝え続ける」との声明を発表した。

 マリノスで16年プレーし、2003、04年のリーグ連覇に貢献した松田さんは11年、当時所属していた松本山雅(現J2松本)の練習中に倒れた。

 例年は命日の前後に行われたホームゲームで記帳台を設置していたが、今年は感染症予防のためオンラインでの取り組みに変更。ツイッターで「#FOREVER3」のハッシュタグを付けて、松田さんへの思いを投稿することを呼び掛けている。

ユニ販売、遺族も同意

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜F・マリノスに関するその他のニュース

横浜F・マリノスに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

サッカーに関するその他のニュース

アクセスランキング