1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. Jリーグ
  5. 区民祭に地元サッカーJ3チーム応援 相模原で公式戦

区民祭に地元サッカーJ3チーム応援 相模原で公式戦

Jリーグ | 神奈川新聞 | 2018年10月1日(月) 02:00

試合後にファンとハイタッチで触れ合うSC相模原の松本孝平選手、川口能活選手(左から2人目)ら =相模原ギオンスタジアム
試合後にファンとハイタッチで触れ合うSC相模原の松本孝平選手、川口能活選手(左から2人目)ら =相模原ギオンスタジアム

 相模原市をホームタウンとするサッカーJ3・SC相模原の公式戦が30日、相模原ギオンスタジアム(同市南区)で行われた。この日は同市緑区民が100円でチケットを購入できるイベント「遊びにおいでよ!緑区DAY!」。多くの区民が会場を訪れ、地元チームに熱い応援を届けた。

 対戦相手は、ザスパクサツ群馬。接近した台風の影響で雨が降るあいにくの天候だったが、会場には両チームのファンが詰め掛けた。前半は0対0で折り返し、後半に群馬がゴールを決め、0対1で惜しくも勝利を逃した。

 試合終了後には、SC相模原の選手がファンとハイタッチ。チーム恒例のファンサービスで、選手は「応援ありがとうございます」などと声を掛けていた。

 家族3人で初めて試合を観戦した緑区に住む会社員佐藤俊和さん(43)は「間近で見ると迫力が違う。これからは地元チームを応援したい」と話した。

 市の広報紙「広報さがみはら緑区版」を持参した緑区民はホームB席のチケット(1500円)を100円で購入可能で、試合開始前には緑区の魅力を伝える動画を大型ビジョンで放送。来場者にはチームカラーの緑色の応援シートが配られた。同市中央、南区民向けの感謝イベントは6月に開かれた。

SC相模原に関するその他のニュース

Jリーグに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

サッカーに関するその他のニュース

アクセスランキング