1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 川崎フロンターレ
  5. フロンターレ20周年事業 目玉は巨大な旗制作

フロンターレ20周年事業 目玉は巨大な旗制作

川崎フロンターレ | 神奈川新聞 | 2015年10月15日(木) 03:00

記念撮影する川崎フロンターレの板倉滉選手(中央)と実行委員会のメンバー=川崎市中原区
記念撮影する川崎フロンターレの板倉滉選手(中央)と実行委員会のメンバー=川崎市中原区

 サッカーJ1の川崎フロンターレが14日、「20周年記念事業プロジェクト」の発表会見を行った。フロンターレは1997年シーズンからスタート。節目の年となる来季は大小さまざまな企画で盛り上げていく。

 記念事業の目玉は日本最長という高さ15メートル、長さ145メートルという巨大フラッグの制作。500万円を目標にサポーターに1口500円で募金を呼び掛け、開幕戦にお披露目する。また「ドリームマッチ」として200人近いOBから投票でメンバーを選出し、公式戦の前座として試合を行う。

 一連の企画で使うキャッチフレーズは10周年と同じ「チャレンジ・ザ・フューチャー」。タイトルを象徴する星をちりばめた記念ロゴも作成。市商店街連合会の協力で市内の商店街に3千枚近いタペストリーが掲げられる。

 チームでは創設当時のユニホームを着用するほか、東日本大震災発生直後からサポートを続け友好協定を結んだ岩手県陸前高田市で現役選手らがスペシャルマッチを行う予定という。

 チームや後援会、市やサッカー協会、サポーターらで組織する「20周年記念事業実行委員会」の紀中靖雄委員長は「フロンターレの今があるのは地元の人たちと一緒に歩んできたおかげ。感謝とクラブのさらなる飛躍を夢見て、記念事業を展開していきたい」と話した。 

記念事業に関するその他のニュース

川崎フロンターレに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

サッカーに関するその他のニュース

アクセスランキング