1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 川崎フロンターレ
  5. 2年ぶりのリーグ制覇へ J1川崎、即戦力に若手育て

2年ぶりのリーグ制覇へ J1川崎、即戦力に若手育て

川崎フロンターレ | 神奈川新聞 | 2020年1月12日(日) 05:00

リーグ王座奪還を狙う川崎の(前列右から)丹野、神谷、三笘、イサカ、(後列右から)ジオゴマテウス、鬼木監督、山根=川崎市麻生区の昭和音大
リーグ王座奪還を狙う川崎の(前列右から)丹野、神谷、三笘、イサカ、(後列右から)ジオゴマテウス、鬼木監督、山根=川崎市麻生区の昭和音大

 J1横浜M、川崎、湘南の県内3クラブが11日、各地で新体制発表会見を開き、新シーズンへの意気込みを語った。

 連覇を目指す横浜Mは今季初の全体練習を実施して始動。その後の会見では、就任3季目のアンジェ・ポステコグルー監督が「成功は約束できないが、ハードワークは約束する。クラブのプライドを持って戦いたい」と決意した。

 昨年4位の川崎は鬼木達監督が覇権奪回を誓い、戦力が大幅に入れ替わった湘南は浮嶋敏監督が心機一転の再スタートを強調した。

 新加入8選手のうち大学生が4人。主力の多くが残留した川崎は、即戦力候補の若手を育てながら2年ぶりのリーグ制覇を狙う。

 昨季は初めてカップ戦のタイトルを獲得したもののリーグ戦は4位。4年ぶりにアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の出場権を逃した。年間6敗はJ1最少だが、12分けと決め手を欠いた。リーグ3位だった57得点の攻撃力を高め、勝ち点を上積みしたい。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

川崎フロンターレに関するその他のニュース

川崎フロンターレに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

サッカーに関するその他のニュース

アクセスランキング