1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 川崎フロンターレ
  5. 円熟の王者・川崎、攻め貫く 憲剛氏「引退後に望んだ形」

11月3日・浦和戦
円熟の王者・川崎、攻め貫く 憲剛氏「引退後に望んだ形」

川崎フロンターレ | 神奈川新聞 | 2021年11月3日(水) 22:57

川崎1-1浦和

2年連続4度目のリーグ優勝を決め、喜ぶ川崎フロンターレの選手=等々力陸上競技場(花輪 久写す)

 首位を独走した川崎が浦和と1─1で引き分けてリーグ2連覇を決めた。4度目の優勝は鹿島の8度に次いで、横浜Mと並ぶ歴代2位。

 川崎は前半にジェジエウがこぼれ球を決めたが、後半に追い付かれた。勝ち点は85。2位の横浜MはG大阪に0─1で敗れて同72のままで差が13に広がり、残り4試合で逆転の可能性が消えた。

川崎 1-1 浦和
(前 1-0|後 0-1)

【コーナーキック】谷口「この時のために戦ってきた」

 昨季引退した中村憲剛氏が見守る等々力のピッチで、フロンターレの後輩たちが誇らしげにシャーレ(優勝皿)を掲げる。

 新時代の幕開けを飾る堂々のリーグ2連覇。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

川崎フロンターレに関するその他のニュース

川崎フロンターレに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

サッカーに関するその他のニュース

アクセスランキング