1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 川崎フロンターレ
  5. 川崎がJ1連覇 4試合残し4度目V、鬼木監督も最多優勝

川崎がJ1連覇 4試合残し4度目V、鬼木監督も最多優勝

川崎フロンターレ | 神奈川新聞 | 2021年11月3日(水) 15:19

2年連続4度目のリーグ優勝を決め、喜ぶ川崎フロンターレの選手=等々力陸上競技場(花輪 久写す)

 サッカーの明治安田生命J1リーグは3日、川崎市の等々力陸上競技場などで第34節が行われ、首位の川崎フロンターレは1─1で浦和レッズと引き分けて勝ち点を85とし、4試合を残して2年連続4度目のリーグ制覇を決めた。

 前節まで勝ち点72で追っていた2位の横浜F・マリノスが同日のガンバ大阪戦で敗れたため、逆転の可能性がなくなった。

【川崎─浦和】前半、先制ゴールを決め喜ぶ川崎・ジェジエウ(中央)=等々力(花輪 久写す)

 フロンターレは前半から押し気味に試合を進め、30分すぎにセットプレーからジェジエウのゴールで先制。その後は追加点を奪えぬまま終了間際に失点し、レッズと勝ち点1を分け合った。

 昨季史上最速でJ1制覇を果たしたフロンターレは、今季もリーグトップの71得点に同最少22失点と盤石な戦いぶり。昨季から続いていたリーグ無敗(30試合)と開幕無敗(25試合)の新記録を樹立した。8月25日のアビスパ福岡戦で今季初黒星を喫したが、ここから7連勝するなどして2位との勝ち点差を広げた。

 就任5年目の鬼木達監督(47)は、鹿島を3連覇に導いたオズワルド・オリベイラ氏(70)と広島を指揮した森保一氏(53)を抜き、歴代最多4度目の優勝を果たした。

川崎フロンターレに関するその他のニュース

川崎フロンターレに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

サッカーに関するその他のニュース

アクセスランキング