1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 川崎フロンターレ
  5. 前回王者のJ1川崎、横綱相撲で鹿島押し切る ベスト4進出

10月27日・天皇杯 鹿島戦
前回王者のJ1川崎、横綱相撲で鹿島押し切る ベスト4進出

川崎フロンターレ | 神奈川新聞 | 2021年10月28日(木) 00:24

川崎3-1鹿島

【川崎-鹿島】後半、2点目を挙げ、チームメイトに抱きつかれる旗手=等々力(立石 祐志写す)

 サッカーの第101回天皇杯全日本選手権は27日、川崎市等々力陸上競技場などで準々決勝4試合が行われ、準決勝(12月12日)の組み合わせは川崎─大分、浦和─C大阪に決まった。

 2連覇を狙う川崎は脇坂のゴールなどで鹿島に3─1で快勝した。大分はJ2で唯一勝ち残った磐田を2─0で下して初の4強入り。C大阪は名古屋を3─0と圧倒し、浦和はG大阪に2─0で勝った。

 決勝は12月19日に国立競技場で行われる。

 【評】川崎が好機を逃さず快勝した。攻勢だった前半の32分に左CKからオウンゴールで先制すると、後半3分に旗手、さらに3分後に脇坂が追加点を挙げて一気に勝負を決めた。鹿島は終了間際に荒木が1点を返したが、好機は少なかった。

川崎 3-1 清水
(前 1-0|後 2-1)

【コーナーキック】「あと二つ取る強い気持ちで」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

川崎フロンターレに関するその他のニュース

川崎フロンターレに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

サッカーに関するその他のニュース

アクセスランキング