1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 川崎フロンターレ
  5. フロンターレ、史上初4冠の道絶たれる

ルヴァンカップ
フロンターレ、史上初4冠の道絶たれる

川崎フロンターレ | 神奈川新聞 | 2021年9月5日(日) 23:50

【川崎-浦和】後半終了間際に追い付かれて準決勝進出を逃し、肩を落とす川崎の選手=等々力(花輪 久写す)

川崎3-3浦和

 川崎と対戦した浦和は2─3の後半ロスタイムに投入された槙野が同点ゴールを決めて2戦合計4─4で並び、アウェーゴール数で上回った。

 【評】浦和が終盤に追い付いて準決勝に進んだ。1─3の後半42分にユンカーがゴールを挙げると、ロスタイムにCKのこぼれ球を槙野が押し込んだ。川崎は後半、セットプレーから山村らが得点を重ねたが、リードを守れなかった。

川崎 3-3 浦和
(前 1-1|後 2-2)

【コーナーキック】攻めるのか 守るのか 終盤に落とし穴

 約3カ月ぶりに等々力に集まったサポーターの熱烈な後押しも、川崎は最後の詰めを欠いた。1点リードで後半ロスタイムは目安の4分台。執念深く食らい付く浦和にCKのこぼれ球から同点のネットを揺らされた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

川崎フロンターレに関するその他のニュース

川崎フロンターレに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

サッカーに関するその他のニュース

アクセスランキング