1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 横浜FC:シーガルズ体制発表、鈴木監督「人生最後の挑戦」

横浜FC:シーガルズ体制発表、鈴木監督「人生最後の挑戦」

サッカー | 神奈川新聞 | 2013年1月14日(月) 22:39

なでしこリーグ昇格を目指し抱負を語る横浜FCシーガルズ・鈴木監督。左は田中主将=横浜市保土ケ谷区、LEOCトレーニングセンター
なでしこリーグ昇格を目指し抱負を語る横浜FCシーガルズ・鈴木監督。左は田中主将=横浜市保土ケ谷区、LEOCトレーニングセンター

J2横浜FCは14日、横須賀市を拠点とするサッカークラブ「NPO法人横須賀シーガルズ」と提携し、今季から女子サッカーの県1部リーグに参入する「横浜FCシーガルズ」の体制を発表した。鈴木保監督(65)は記者会見で「私の人生は常に挑戦。サッカー人生最後の仕事として引き受けた」と抱負を語った。

チームは、女子の県1部リーグに所属する横須賀シーガルズの高校年代の選手ら16人が中心となり、平均年齢19歳の計25人でスタートする。

なでしこジャパンの初代監督でもある鈴木監督は「シーガルズはボールを大事に(つないでプレー)するチーム。それプラス守備と、フィジカルを強くしないと大学生には勝てない。楽しむだけじゃなく、勝てるチームに厳しく指導したい」と意気込んだ。

横須賀シーガルズ出身で、初代キャプテンに就任する選手兼コーチのDF田中景子(26)は、今季なでしこリーグに昇格する仙台から移籍。「わくわくしている。ことしは県1部で優勝して、皇后杯に出場し、チャレンジリーグ(なでしこリーグ2部)昇格を目標にチーム一丸となる」と話した。

横浜FCシーガルズは、女性が生涯スポーツとしてサッカーに取り組める環境づくりや、女子サッカーの普及と強化を目的に発足。2月1日から横浜市内でチーム練習を開始する。

【】

ニッパツ横浜FCシーガルズに関するその他のニュース

サッカーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング