1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 湘南ベルマーレ
  5. ホーム最終戦らしさ全開 運動量で攻守圧倒/湘南4-1横浜FC

ホーム最終戦らしさ全開 運動量で攻守圧倒/湘南4-1横浜FC

湘南ベルマーレ | 神奈川新聞 | 2014年11月16日(日) 03:00

【湘南-横浜FC】前半11分、湘南MF菊池(10)が決め2-0とリードを広げる=BMWス
【湘南-横浜FC】前半11分、湘南MF菊池(10)が決め2-0とリードを広げる=BMWス

記録的な快進撃を続けた今季。湘南はホーム最終戦もらしさ全開の白星で締めた。「相手も諦めちゃってたもん」。チョウ貴裁監督の口を滑らかにさせたダメ押しの4点目は後半43分だ。

CKのこぼれ球を奪ったMF菊池が前を向く。その瞬間、約100メートル先の相手ゴールへ迷わず走りきったのは横浜FCが2人で、湘南は倍以上の5人。ペナルティーエリア内で菊池からMF永木とつなぎ、最後はFWウェリントンが右足で軽く流し込んだ。

最後まで落ちない運動量こそ、全員攻撃、全員守備を打ち出す「湘南スタイル」の根っこだ。6分前にも約60メートルの距離を1人で持ち込み、鮮やかなミドルシュートを突き刺していた菊池が「どっちもうちらしい得点」と誇る。主将の永木も「全員が同じ気持ちで1年間やってきたことが集約された試合。練習のたまもの」と胸を張った。

Jリーグ記録の開幕14連勝で始まり、9試合を残しての最速昇格。最終節で勝てば勝ち点100の大台へ届く。

昨季の1シーズン限りで降格し、それでも下を向かず突っ走ってきたイレブンの執念が、そして雪辱への思いが、来季再び舞台を移すJ1できっと実ると信じている。

【神奈川新聞】

チョウ・キジェ(サッカー)に関するその他のニュース

湘南ベルマーレに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

サッカーに関するその他のニュース

アクセスランキング