1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 李国秀・世界をのぞく窓 予想覆す 野心の違い出た試合

2022年サッカーW杯
李国秀・世界をのぞく窓 予想覆す 野心の違い出た試合

サッカー | 神奈川新聞 | 2022年11月24日(木) 05:00

 日本中が驚いたことでしょう。優勝候補ドイツ圧勝のゲームを日本が総力戦でもぎ取りました。
 
 後半からシステム変更し、交代で送り出した選手が次々とゴールを決めて逆転勝ち。森保監督にとって監督冥利(みょうり)に尽きる試合でしょう。
 
 勝つときはいいところが出ます。三笘選手のドリブル、堂安選手のこぼれ球への反応、浅野選手のスピードに乗ったドリブルとシュート。全てが申し分なかったです。
 
 前半の戦いには日本に勝利の予感すらありませんでした。ドイツは横綱相撲のようにトップギアに上げないサッカーを仕掛けてきて、じわじわと追い詰められて先制を許しました。2点目を奪われていたら終わっていた試合でした。しかし愚直に試合を進めて、この1失点だけでしのげたことが勝因になりました。
 
 後半の選手交代で、日本はグラウンド全体を大きく使うようになり、その結果、運動量が増えたドイツに疲れが見え始めたのには驚きました。
 
 前半の戦いで、日本の選手は力の差を感じたと思います。ただ、このままおめおめと負けたくないと思ったのでしょう。勝利に飢えた日本が、野心の違いを見せました。

 歴史的な勝利でスタートを切りましたが、逆に決勝トーナメントに行かなければいけない重圧が出てきます。ドイツも負けるのですから何が起こるか分かりません。勝ってかぶとの緒を締めよ。

り・くにひで 読売クラブなどでプロサッカー選手として活躍後、桐蔭学園高やヴェルディ川崎(現東京V)などで指導に当たった。教え子にいずれも元日本代表の森岡隆三氏、戸田和幸氏(J3相模原監督)、中沢佑二氏や、J1福岡監督の長谷部茂利氏ら。厚木市で「エルジェイ・サッカーパーク」を経営。横浜市青葉区在住。

サッカーに関するその他のニュース

サッカーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング