1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. サッカー 鵠沼がPK戦制し頂点 桐光は追加点奪えず

神奈川県中学総体
サッカー 鵠沼がPK戦制し頂点 桐光は追加点奪えず

サッカー | 神奈川新聞 | 2022年8月3日(水) 00:25

5年ぶり2度目の優勝を飾り、歓喜に沸く鵠沼イレブン=県立スポーツセンター

 第56回神奈川県中学校総合体育大会(県中学校体育連盟など主催、神奈川新聞社など後援)は2日、県立スポーツセンターでサッカーの決勝が行われ、鵠沼が桐光学園に競り勝ち、5年ぶり2度目の優勝を飾った。試合は1─1の同点のまま延長を終え、鵠沼がPK戦を4─3で制した。

 大会は同日で14競技の全日程を終了。水泳は13、14日に相模原市立総合水泳場で、陸上は10月1日に三ツ沢公園陸上競技場で、駅伝は11月5日に横浜八景島・海の公園周回コースで行われる。

ぶれない戦いと修正力

 炎天下の死闘にも鵠沼の斎木は冷静だった。決めれば優勝というPK戦の6本目。

 「GKを小さく、ゴールを大きく見るように」

 そう言い聞かせながらゴール左に流し込み、両手を大きく広げて仲間が待つ歓喜の輪に飛び込んだ。

 前半はボールを保持する時間が続いた一方で、ゴール前での精度を欠いた。我慢しきれなかった後半9分に長沢が相手を倒しPKを献上。仲間のミスに燃えたのが同じDFの毛塚だった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

県中学総体に関するその他のニュース

サッカーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング