1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 日本、ミャンマーに10発大勝 最終予選に進出決定

サッカーW杯アジア2次予選
日本、ミャンマーに10発大勝 最終予選に進出決定

サッカー | 神奈川新聞 | 2021年5月29日(土) 00:45

日本―ミャンマー 後半、チーム10点目のゴールを決め、雄たけびを上げる板倉(20)=フクダ電子アリーナ(共同)

 サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選F組で28日、日本は無観客で行われた千葉・フクダ電子アリーナでのミャンマー戦に10─0で大勝し、2試合を残して9月開始の最終予選進出を決めた。史上初の2試合連続2桁得点で、6戦全勝の勝ち点18で1位が確定した。

 日本は南野(サウサンプトン)が先制し、大迫(ブレーメン)が前半だけで3得点して4─0で折り返し。後半も攻め続け大迫らが得点を重ねた。ミャンマーは勝ち点6で4位のまま。国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が28位でミャンマーは139位。

 2次予選は新型コロナウイルスの影響で日程が大幅に変わり、F組の残り試合は感染防止対策を講じて日本で集中開催される。日本は6月7日にタジキスタン、同15日にはキルギスと対戦する。

板倉が国際Aマッチ初得点

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

サッカー日本代表に関するその他のニュース

サッカーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング