1. ホーム
  2. スポーツ
  3. その他スポーツ
  4. 神奈川からリオへ 「金」取って笑いたい

柔道女子・中村美里(52キロ級)
神奈川からリオへ 「金」取って笑いたい

その他スポーツ | 神奈川新聞 | 2016年6月19日(日) 02:00


強化合宿で笑顔を見せる中村美里(左)と松本薫=17日、味の素ナショナルトレーニングセンター
強化合宿で笑顔を見せる中村美里(左)と松本薫=17日、味の素ナショナルトレーニングセンター

 初出場ながら銅メダルをつかんだ北京大会から8年。リオデジャネイロ五輪柔道女子52キロ級代表で、相原中出身の中村美里(三井住友海上)が強化合宿で心技体全てを整えようと躍起だ。3度目の大舞台で金メダルを獲得する以外の道は見ていない。

 無我夢中で挑んだ2008年の北京大会、自らを追い込み、ぴりぴりとした気をまとって臨んだ2012年のロンドン大会とは違う。リオまで残り2カ月を切ってもなお、落ち着きを失わないでいられるのは27歳がベテランの域に達したからだけではない。

 初戦敗退と苦い思いで終えたロンドン大会後、その年の10月に左膝前十字靱(じん)帯(たい)の再建手術を受けて長期療養した。翌13年も出場はわずか1大会。ただ、休養期間はいい充電になったという。

 「手術、リハビリで初めて柔道から離れたが、新鮮でいい時間だった。一日一日の練習にテーマをもって臨むようになったし、試合でも広い視野を持てるようになった」。苦しい日々こそ転機だったと振り返る。

 技量もまた向上の一途を遂げている。復活を印象付けた昨夏の世界選手権以降、国際大会で連勝街道を歩む。サッカーのリフティングで最高731回もこなせる器用な足から繰り出す小外刈りが武器だが、それだけではない。

 ことし5月のワールドマスターズでは足技だけでなく、担ぎ技でもポイントを奪い頂点に立った。「最近は自分の技でポイントを取ることが少なかったので、投げる技を練習してきた。外国人選手にも足技だけじゃないと見せられたし、得意の足技も生きてくる」

 今まで何度も表彰台のてっぺんに立ってきたが笑顔は少なかった。

 「ずっと五輪の金メダルを追いかけてきた。五輪で金メダルを取ったら心の底から笑えるんじゃないかな」。夢をかなえ、はじけんばかりの笑みを地球の裏側から届けるつもりだ。

柔道に関するその他のニュース

その他スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング