1. ホーム
  2. スポーツ
  3. その他スポーツ
  4. 神奈川からリオへ 代表争い白井が台風の目

4日から体操NHK杯
神奈川からリオへ 代表争い白井が台風の目

その他スポーツ | 神奈川新聞 | 2016年5月3日(火) 10:08

4月の全日本選手権男子個人総合決勝で2位となった白井健三のあん馬 =国立代々木競技場
4月の全日本選手権男子個人総合決勝で2位となった白井健三のあん馬 =国立代々木競技場

 体操のリオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねて個人総合で争うNHK杯は、東京・国立代々木競技場で4日に女子、5日に男子を実施する。4月の全日本選手権の決勝得点を持ち点とし、男子は既に代表入りした内村航平(コナミスポーツ)を除く最上位者が切符を獲得、女子は上位3人が代表候補に決まる。

 男子は全日本2位の白井健三(日体大)、3位の加藤凌平(コナミスポーツ)、4位の神本雄也(日体大)と斉藤優佑(徳洲会)、6位の田中佑典(コナミスポーツ)が0・650点差内でひしめく大混戦で、最上位争いは7位以下を引き離すこの5人に絞られた。

 床運動と跳馬に爆発力がある白井は苦手種目も底上げし、台風の目となりそうだ。総合力で勝負する加藤は今大会でリオ行きを決めたい。神本、斉藤、田中は大台16点を出せる種目を持ち、代表で残り三つの「団体総合のチーム貢献度」枠に入るチャンスもある。8連覇が懸かる内村は、優勝した全日本でミスをした跳馬やつり輪の完成度をどこまで上げられるか。

 萱和磨(順大)や山室光史(コナミスポーツ)亀山耕平(徳洲会)は6月の全日本種目別選手権で決まる残り3枠の代表入りを見据え、得意種目で高得点を狙う。


女子・河崎の活躍に期待

 女子は全日本覇者の村上茉愛(日体大)や0・100点差で追う寺本明日香(中京大)、2連覇を目指す大阪・梅花高2年の杉原愛子(朝日生命)が有力で、優勝争いもこの3人が中心になる。全日本で5位と健闘した平塚学園高の河崎真理菜(とらいク)の活躍も楽しみだ。

 

体操の五輪代表選考 代表は男女とも5人。男子は内村が昨秋の世界選手権個人総合優勝で選考基準を満たして決定。4月の全日本選手権の決勝得点を持ち点に争うNHK杯で内村を除く最上位者を選ぶ。残り3人は6月の全日本種目別選手権を含む3大会の成績から、五輪の団体総合でチームに貢献できる3人を選出。ただし、1人はNHK杯5位以内、もう1人は12位以内とする。女子はNHK杯上位3人と、団体で貢献度の高い4人の計7人を代表候補とし、試技会や合宿を経て7月に最終決定する。


全日本選手権女子個人総合決勝の平均台でダイナミックな演技を見せる河崎真理菜
全日本選手権女子個人総合決勝の平均台でダイナミックな演技を見せる河崎真理菜

白井健三(体操)に関するその他のニュース

その他スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング