1. ホーム
  2. スポーツ
  3. その他スポーツ
  4. 闘志胸に力輝かせ 県中学総体が開幕

闘志胸に力輝かせ 県中学総体が開幕

その他スポーツ | 神奈川新聞 | 2015年7月28日(火) 03:00

選手宣誓する相模原旭の野球部の柳田優樹主将(左)と剣道部の山口陽楓主将=相模原市立総合体育館
選手宣誓する相模原旭の野球部の柳田優樹主将(左)と剣道部の山口陽楓主将=相模原市立総合体育館

 中学スポーツの祭典、第49回県中学校総合体育大会(県中学校体育連盟など主催、神奈川新聞社など後援)が27日に開幕し、相模原市立総合体育館(同市南区)で総合開会式が行われた。相模原ブロックを中心とした各会場で、県内8ブロック20地区の予選を勝ち上がった約1万6千人が16競技で熱戦を繰り広げる。

 開会式には出場校の主将ら約1200人が参加。開催地を代表し、鳥屋の平本佳奈美さん(3年)が「相模原へようこそ。一人一人の夢がかなえられる夏になることを願っています」と歓迎の言葉を述べた。

 相模原旭の野球部の柳田優樹主将、同剣道部の山口陽楓主将(ともに3年)が「精いっぱい戦い、感動を与えることを誓います」と選手宣誓。県中体連の板橋一幸会長(相模原旭校長)は「精神力や集中力など数値で表せない力を最大限に発揮してほしい」と激励した。

 大会は8月2日まで14競技を行い、水泳競技は同月14、15日にさがみはらグリーンプールで、陸上競技は10月3日に三ツ沢公園陸上競技場で、駅伝は11月7日に横浜八景島・海の公園周回コースでそれぞれ行われる。

◆呼吸ぴたり 堂々宣誓
相模原旭の柳田、山口両主将
 「互いの闘志を胸に、緑豊かな相模原の地で」「宇宙に輝く星のごとく、自分たちの力を輝かせ」。交互に力強い声を響かせたのは相模原旭の柳田、山口の両主将。自分たちの学校で校長を務める板橋中体連会長を前にし、緊張しながらも大役を見事に果たした。

 宣誓役が決まったのは開会式直前だった。「練習を重ねていくうちに恥ずかしさがなくなり、自信を持って宣誓できた」と柳田主将。対して山口主将は「すごい緊張して頭が真っ白。間違えないかハラハラしていた」という。対照的な感想だったが、1年時にはクラスメートだった2人は呼吸をぴたりと合わせた。

 柳田主将は野球部員34人をまとめる立場。「大事な場面で思った以上の力を発揮できるチーム」と手応えは十分だ。

 山口主将が率いる剣道部の女子は2年生がおらず、部員7人の小所帯。それでも「一人も負けられない」と一人一人が責任感を持ち、一丸となって市大会団体戦で頂点を勝ち取った。

 中学校生活集大成の夏へ臨む両主将。「優勝しか見ていない。全試合で10点差をつける」と柳田主将が意気込めば、山口主将も「関東出場を目指して、みんなで一本を取るつもりでやっていきたい」と燃えている。

中学総体に関するその他のニュース

その他スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング