1. ホーム
  2. スポーツ
  3. その他スポーツ
  4. 【BIG2 歴史の創造者】(下)終戦に涙 次の4年へ

ラグビーW杯
【BIG2 歴史の創造者】(下)終戦に涙 次の4年へ

その他スポーツ | 神奈川新聞 | 2019年10月23日(水) 11:37

南アフリカに敗れ、天を仰ぐ稲垣(共同)
南アフリカに敗れ、天を仰ぐ稲垣(共同)

 日本ラグビー史上初のワールドカップ(W杯)4強を懸けた南アフリカとの準々決勝。これまで未踏の地だった歴史的一戦で、ノートライの末に完敗した現実。FWリーダーとして引っ張ったプロップ稲垣啓太(29)=パナソニック、関東学院大出身=は、「ああ、終わってしまった…」と、あふれ出す涙を止められなかった。

 前半3分すぎ。日本は“立ち合い”のスクラムで4、5メートル押されて先制トライを奪われた。その後も何度か防御網を突破されかけるビッグゲインを許したが、何とか3-5で前半を持ちこたえた。

 「僕らとしては50メートル、60メートルも押されることは絶対にないのだから、まずペナルティー(反則)だけはしないことを意識していた」

 しかし、後半に入ってセットプレーの強みを前面に押し出した南アが牙をむいた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ラグビーに関するその他のニュース

その他スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング