1. ホーム
  2. スポーツ
  3. その他スポーツ
  4. 1位で予選通過の吉村 Vへ存在感 女子3000障害

陸上日本選手権
1位で予選通過の吉村 Vへ存在感 女子3000障害

その他スポーツ | 神奈川新聞 | 2019年6月28日(金) 05:00

陸上の世界選手権(9~10月・ドーハ)代表選考会を兼ねた日本選手権第1日は27日、福岡市の博多の森陸上競技場で行われ、女子3000メートル障害予選で吉村玲美(大東大、白鵬女子高出身)が10分8秒74で決勝に進んだ。男子三段跳びでリオデジャネイロ五輪代表の長谷川大悟(伊藤超短波、桐蔭学園高出身)は予選敗退した。

 「体の切れが出てくる、いい調整ができてきた」。女子3000メートル障害の吉村玲美(大東大、白鵬女子高出身)は全体1位の10分8秒74で予選通過。大舞台に万全の状態で仕上げてきた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

陸上に関するその他のニュース

その他スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング