1. ホーム
  2. スポーツ
  3. その他スポーツ
  4. ダンス 独自性で群抜く大和、運動量の横浜創英

神奈川県高校総体展望
ダンス 独自性で群抜く大和、運動量の横浜創英

その他スポーツ | 神奈川新聞 | 2022年6月17日(金) 05:00

 各作品で表現したい内容を、いかにダンスで見せられるか。構成や完成度、音楽や衣装など総合的に評価される。昨年と同規模の約1350人が参加する。

 6連覇を目指す大和は創作のオリジナリティー性、題名や作品解説に基づいた踊りで群を抜く。昨年2位の横浜創英はストリートの要素が強く、圧倒的な運動量で畳みかける。

 同3位の大和西は創作性が向上しており、同4位の座間は伝統校らしい表現力で勝負する。

 今年3月の新人戦「フリー部門」で連覇した鵠沼や「テーマ部門」で2位の富士見丘も力を付けている。(小林 剛)

【下に大会内容】

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

県高校総体に関するその他のニュース

その他スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング