1. ホーム
  2. スポーツ
  3. その他スポーツ
  4. レスリング 注目は男子80キロ級の慶応・岡沢 攻撃多彩

神奈川県高校総体展望
レスリング 注目は男子80キロ級の慶応・岡沢 攻撃多彩

その他スポーツ | 神奈川新聞 | 2022年5月14日(土) 15:00

県代表の座を懸けて熱戦が展開される=4月の関東大会県予選から

【男子】

 3月の全国選抜大会に出場した有力選手を軸に熱戦が展開される。4月の関東大会県予選を欠場した慶応には楽しみな1年生が加わった。

 注目は80キロ級の岡沢(慶応)だ。昨秋の全国中学選抜で優勝し、4月のJOC杯では準優勝。相手の懐に入ってからの攻撃パターンが多い。

 55キロ級は高橋(慶応)が最有力。攻め手が多彩で中学時代には全国3位に入った実績を持つ。関東県予選を制した相川(磯子工)が追う構図だ。

 60キロ級は平岡(同)がリード。カウンターからタックル主体のスタイルに変え、全国選抜で3位と躍進した。65キロ級は関東県予選で優勝した工藤(日大藤沢)に中学王者で期待の1年生、滝沢(慶応)が挑む。

 71キロ級は川路(日大藤沢)、大田(同)、梅津(横浜修悠館)らの争い。125キロ級の岩崎(磯子工)は全国選抜でベスト16入り。昨秋の新人戦を制した江口(同)が対抗する。

 団体戦は磯子工、日大藤沢、横浜修悠館の力が拮抗(きっこう)している。

【女子】

 50キロ級の竹内(日大藤沢)は4月の全国大会で優勝し、U─17(17歳以下)日本代表に内定。変幻自在のタックルで全国上位を目指す。(木田 亜紀彦)

【下に主力選手の写真と大会内容】

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

県高校総体に関するその他のニュース

その他スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング