1. ホーム
  2. スポーツ
  3. その他スポーツ
  4. 女子団体 桐蔭学園が2大会連続11度目の頂点

全国高校柔道・神奈川県予選会
女子団体 桐蔭学園が2大会連続11度目の頂点

その他スポーツ | 神奈川新聞 | 2022年1月23日(日) 14:30

【女子団体決勝】代表戦で優勢勝ちを収めた桐蔭学園の舩山(右)=シンコースポーツ県立武道館

 柔道の第44回全国高校選手権県予選会は23日、シンコースポーツ県立武道館で女子の団体戦が行われ、桐蔭学園が決勝で横須賀学院を代表戦の末に下し、昨年の新型コロナウイルス禍の中止を挟んで2大会連続11度目の頂点に立った。

 桐蔭は準決勝で日大藤沢を破り、1─1の代表戦にもつれた決勝では舩山葵音(2年)が優勢勝ちを収めた。

 団体戦優勝の桐蔭は3月20、21日に東京・日本武道館で行われる全国大会に出場する。

返し技「ふと体が反応」

 代表戦にもつれる白熱した闘いに終止符を打ったのは、桐蔭学園の2年生舩山。昨年12月の個人戦決勝の雪辱も果たし、「チーム全員で全国に行くという気持ちを形にできた」と安堵(あんど)の笑みを浮かべた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

柔道に関するその他のニュース

その他スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング