1. ホーム
  2. スポーツ
  3. その他スポーツ
  4. 東海大相模、25年ぶり都大路に挑む 全国高校駅伝

東海大相模、25年ぶり都大路に挑む 全国高校駅伝

その他スポーツ | 神奈川新聞 | 2021年12月25日(土) 05:30

25年ぶりの都大路に挑む東海大相模=11月30日、相模原ギオンススタジアム

 男子第72回、女子第33回全国高校駅伝は26日、京都市のたけびしスタジアム京都発着コース(男子=7区間42・195キロ、女子=5区間21・0975キロ)で行われ、男女それぞれ47校が頂点を争う。神奈川代表は男子の東海大相模(25年ぶり2度目)と、女子の白鵬女子(2年ぶり14度目)が出場する。ともに新コースとなった11月の県高校駅伝を制し、関東駅伝でも上位入賞を果たすなど自信を深めてきた。師走の都大路に挑む両校の陣容を紹介する。

息巻く復権の伝統校

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

高校駅伝に関するその他のニュース

その他スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング