1. ホーム
  2. スポーツ
  3. その他スポーツ
  4. ソフトボール・清原奈侑 人気定着に使命感、競技愛で前進

After TOKYO 2020
ソフトボール・清原奈侑 人気定着に使命感、競技愛で前進

その他スポーツ | 神奈川新聞 | 2021年10月11日(月) 05:00

 東京五輪で2大会連続の金メダルに輝いたソフトボール日本代表。捕手として偉業に貢献した清原奈侑(日立)ら代表選手たちは戦いの場を国内リーグに移し、次のスタートを切った。競技普及や新リーグの立ち上げに向けた機運醸成といった使命を胸に秘めて前進する。

「最後」の覚悟

競技を楽しむ姿勢を強調した清原(左)=4日、大和スタジアム(日本ソフトボール協会提供)

 五輪後の初実戦となった9月4日の日本リーグ女子後半戦開幕節。試合前に行われた祝勝セレモニーで、清原は多くの応援に感謝しながら新たな決意を込めた。「このソフトボールの魅力を、日本リーグでもさらにお見せできるように頑張りたい」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

東京五輪に関するその他のニュース

その他スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング