1. ホーム
  2. スポーツ
  3. その他スポーツ
  4. 躍進の夏を糧に、鍛錬は続く パラ競泳・宮前ドルフィン

After TOKYO 2020
躍進の夏を糧に、鍛錬は続く パラ競泳・宮前ドルフィン

その他スポーツ | 神奈川新聞 | 2021年10月3日(日) 11:06

 競泳で東京パラリンピックに3選手を送り出した宮前ドルフィン(川崎市宮前区)。男子50メートルバタフライ(運動機能障害S5)の16歳、日向楓ら全員が初出場で7位入賞を飾った。ただ、稗田律子コーチ(69)は言う。「クラブとしては特別なことをしたわけではなく、仲間たちと切磋琢磨(せっさたくま)して練習しているだけ」。友と一緒に楽しく、厳しく─。躍進の夏を糧に、鍛錬の日々は続いている。

イルカみたい

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

パラリンピックに関するその他のニュース

その他スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング