1. ホーム
  2. スポーツ
  3. その他スポーツ
  4. 「金」に導いた伴走 相模原市職員「みんなで取ったメダル」

東京パラリンピック
「金」に導いた伴走 相模原市職員「みんなで取ったメダル」

その他スポーツ | 神奈川新聞 | 2021年9月18日(土) 20:00

東京パラリンピックの女子マラソン(視覚障害T12)レース序盤、笑顔で力走する道下選手(中央)と伴走する青山さん(右)

 東京パラリンピックの女子マラソン(視覚障害T12)で優勝した道下美里選手の伴走を務めたガイドランナーが相模原市にいる。同市スポーツ推進課職員の青山由佳さん(35)。レース前半で伴走し、勝利に貢献した。

 8日に市役所で大会報告を行った青山さんは「みんなで勝ち取った金メダル」と喜びを語った。

 ゴールの瞬間は、会場へ戻るバスのテレビで見守った。

 頂点を目指し、道下選手と共に走り続けて6年。トップでテープを切る姿に「ついに、やったね!」と思いがこみ上げたという。

驚異的な走り

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

パラリンピックに関するその他のニュース

その他スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング