1. ホーム
  2. スポーツ
  3. その他スポーツ
  4. セーリング・吉田 夫婦で示したママアスリートの新たな道筋

東京五輪
セーリング・吉田 夫婦で示したママアスリートの新たな道筋

その他スポーツ | 神奈川新聞 | 2021年8月6日(金) 05:00

 4日まで藤沢市江の島を舞台に繰り広げられたセーリング競技。女子470級の吉田愛(40)=ベネッセ、相模原市出身=が吉岡美帆(30)=同、藤沢市在住=とともに臨んだ五輪は、母親として挑んだ大舞台でもあった。

 家族の応援を背に7位入賞を果たし、出産を経た女性アスリートが再び第一線で活躍できる可能性を示した。

 「自分がいつも遠征で振り回していても、息子はすごく頑張っている。どんな環境でもニコニコしているのを見ると、私たちもニコニコすれば何とかなると思う」。

 長男の話になると、吉田の頰が思わず緩む。

愛息と一緒に表彰台

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東京五輪に関するその他のニュース

その他スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング