1. ホーム
  2. スポーツ
  3. その他スポーツ
  4. 芳田、内股で負け、内股で勝った 磨いた得意技で「銅」

TOKYO 2020
芳田、内股で負け、内股で勝った 磨いた得意技で「銅」

その他スポーツ | 神奈川新聞 | 2021年7月26日(月) 21:59

【女子57キロ級3位決定戦】ジョージア選手(右)に勝利した芳田司=日本武道館(共同)

 内股で負け、内股で勝った。女子57キロ級3位決定戦。「準決勝で負けてから切り替えられたのは良かったけど、悔しい」。芳田を銅メダリストたらしめたのは、磨き抜いた得意技だった。

 ジャコバ(コソボ)との準決勝。「それまでの試合で担ぎ技が出ていたので内股が効くと思って準備していた」。だが、仕留められない。逆に延長2分すぎ、小外掛けで技ありを取られた。こだわり続けたからこその敗戦だった。

 苦い記憶がよみがえる。5年前、63キロ級の田代の付き人として帯同したリオデジャネイロ大会。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東京五輪に関するその他のニュース

その他スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング