1. ホーム
  2. スポーツ
  3. その他スポーツ
  4. 柔道金の高藤支え「付き人冥利」 覚悟の二人三脚、歓喜の涙

TOKYO 2020
柔道金の高藤支え「付き人冥利」 覚悟の二人三脚、歓喜の涙

その他スポーツ | 神奈川新聞 | 2021年7月25日(日) 05:30

 二人三脚で夢をかなえた。五輪柔道男子60キロ級で金メダルをつかんだ高藤直寿(28)=パーク24、東海大相模高出身。栄光へ続く道程には、高藤の1学年先輩で「付き人」を務める伊丹直喜さん(28)=横浜市出身=の存在があった。3位に終わった前回のリオデジャネイロ大会から5年。時にぶつかり合いながらも重ねてきた歩みは、歓喜の涙に結んだ。

 こらえてきたものがあふれたのは、目と目が合った瞬間だった。日本武道館での決勝。伊丹さんは…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東京五輪に関するその他のニュース

その他スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング