1. ホーム
  2. スポーツ
  3. その他スポーツ
  4. 厚木商高時代の恩師「今は一ファン」ソフト山田の活躍見守る

TOKYO 2020
厚木商高時代の恩師「今は一ファン」ソフト山田の活躍見守る

その他スポーツ | 神奈川新聞 | 2021年7月22日(木) 15:27

高校時代の山田を指導し、トップ選手への素地をつくった利根川さん

 東京五輪のソフトボールは21日、全競技に先駆けて始まり、日本は1次リーグ初戦でオーストラリアに快勝した。

 主将として3大会ぶり3度目の出場を果たした厚木商高出身の山田恵里(37)=デンソー=の素地をつくったのは、高校時代の恩師で現在は光明相模原高で指揮を執る利根川勇さん(74)。

 「今はファンの一人」と、競技人生の集大成を迎えた教え子の活躍を温かく見守っている。

 選手時代は日本代表メンバーとして世界選手権も経験。指導者に転じても手腕を発揮した利根川さんは、厚木商高を通算5度の全国高校総体(インターハイ)制覇に導くなど全国で指折りの強豪に押し上げた。

男子に交じってプレー

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東京五輪に関するその他のニュース

その他スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング