1. ホーム
  2. スポーツ
  3. その他スポーツ
  4. セーリング女子 吉田・吉岡組 江の島を肌で知る屈指のペア

TOKYO 2020
セーリング女子 吉田・吉岡組 江の島を肌で知る屈指のペア

その他スポーツ | 神奈川新聞 | 2021年7月21日(水) 05:30

 東京五輪開幕まで10日を切った。神奈川から羽ばたくアスリートたちは自国開催の夏にどのような輝きを放つか。夢への挑戦、メダルへの渇望、競技普及への気概…。胸に宿る思いに迫る。


鍛錬を続けてきた江の島で金メダル獲得を目指す吉田(左)と吉岡

 神奈川開催の目玉の一つで、1964年東京大会と同じ江の島沖(藤沢市)で行われるセーリング競技。県勢セーラーの中でひときわ注目を浴びるのが、女子470級の吉田愛・吉岡美帆組(ベネッセ)だ。

 吉田は旧姓・近藤時代を通じ、通算4度目の五輪出場。吉岡とはロンドン大会後の2013年からペアを組み、16年のリオデジャネイロ大会を経て2度目の挑戦となる。

 18年の世界選手権で日本勢初の金メダルを獲得し、翌19年に江の島で開かれた同選手権で銀メダル。慣れ親しんだホームで開かれる最高峰のレースに、期待が高まる十分な理由がある。

1人で過ごした時間

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東京五輪に関するその他のニュース

その他スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング