1. ホーム
  2. スポーツ
  3. その他スポーツ
  4. ソフトボール五輪代表 厚木商高出身・山田が3度目選出

TOKYO 2020
ソフトボール五輪代表 厚木商高出身・山田が3度目選出

その他スポーツ | 神奈川新聞 | 2021年3月24日(水) 13:13

山田 恵里

 日本ソフトボール協会は23日、東京五輪代表の15選手を発表し、神奈川勢は厚木商高出身の山田恵里(37)=デンソー=が3度目の五輪代表入りを決め、清原奈侑(29)=日立=が初選出された。

 五輪のソフトボール種目の実施は日本代表が初の金メダルを獲得した2008年北京大会以来、3大会ぶり。主将を担う山田は「この東京五輪はたくさんの方々の思いが詰まっている。自覚と責任を持ち、使命を果たしたい」と語った。1次リーグは五輪開幕2日前の7月21日、全競技を通じて最初に福島県営あづま球場で始まる。(織田 匠)

山田 恵里(やまだ・えり) 外野手。2004年アテネ五輪、08年北京五輪代表。厚木商高出、デンソー。165センチ。37歳。藤沢市出身。

ソフトボールに関するその他のニュース

その他スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング