1. ホーム
  2. スポーツ
  3. その他スポーツ
  4. 慶応快勝 攻撃に厚み 8強入りへ順調な船出

春高バレー
慶応快勝 攻撃に厚み 8強入りへ順調な船出

その他スポーツ | 神奈川新聞 | 2021年1月6日(水) 05:00

 バレーボールの第73回全日本高校選手権は5日、東京体育館で開幕して1回戦が行われた。神奈川代表は男子の慶応が近江(滋賀)に2─0で快勝。東海大相模も弘前工(青森)に2─1で競り勝った。女子の橘は鹿児島女に0─2で敗れた。

 6日に2回戦が行われ、女子の伊勢原は大阪国際滝井と対戦。慶応は恵庭南(北海道)、東海大相模は前回王者の東山(京都)とそれぞれぶつかる。

 男女各52校参加の大会は新型コロナウイルス感染拡大の影響により無観客で実施。準々決勝までは3セット制、準決勝と決勝は5セット制で争われる。

慶応・立役者は一人じゃない

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

春高バレーに関するその他のニュース

その他スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング