1. ホーム
  2. スポーツ
  3. その他スポーツ
  4. 東海大相模、控え組でも圧勝 30大会ぶりの16強入り

全国高校ラグビー
東海大相模、控え組でも圧勝 30大会ぶりの16強入り

その他スポーツ | 神奈川新聞 | 2020年12月31日(木) 05:00

 ラグビーの全国高校大会第3日は30日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で2回戦16試合が行われ、東海大相模(関東・神奈川)は山形中央に50─7で快勝し、30大会ぶりのベスト16に駒を進めた。来年1月1日に3回戦8試合が行われる。東海は前回準優勝の御所実(奈良)と対戦する。

 【評】東海大相模が8トライで圧勝。風下の前半はハンドリングミスが目立ったが、後半に地力を発揮した。堅実なモール攻撃から計3トライを奪い、SH大野と1年生SO野口を起点にした素早い展開で相手を翻弄(ほんろう)。1トライに封じた防御面も光った。

元日の大一番へ「歴史に名刻む」

【東海大相模―山形中央】3トライのハットトリックで勝利に貢献した東海大相模の中村

 劣勢をはね返し、選手層の厚さを証明した。初戦から先発13人を入れ替えた東海大相模が計8トライの快勝。30大会ぶりの16強入りだ。

 登録メンバー17人の山形中央に先制トライを奪われるまさかの展開。「強気に前へ出てくる守備におじけづいてしまった」。ゲームキャプテンを務めたSH大野のタクトは鈍り、アタックの歯車がうまくかみ合わない。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ラグビーに関するその他のニュース

その他スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング