1. ホーム
  2. スポーツ
  3. その他スポーツ
  4. 〈第97回箱根駅伝〉中大、戦力整い節目を飾る

〈第97回箱根駅伝〉中大、戦力整い節目を飾る

その他スポーツ | 神奈川新聞 | 2020年12月28日(月) 10:26

総合3位を掲げ、名門復活を目指す中大のメンバー(中大提供)

 新春の箱根路を駆ける第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝、10区間)は来年1月2、3日に行われる。シード校や予選会を突破したチームと、オープン参加の関東学生連合を含めた21チームが出場する。11月の全日本に続く「大学駅伝2冠」を狙う駒大(55大会連続55度目)をはじめ、創価大(2大会連続4度目)、中大(4大会連続94度目)、神奈川大(11大会連続52度目)、専大(7大会ぶり69度目)の計5校の陣容と注目選手を紹介する。


 最多14度の総合優勝を誇る名門が、創部100年の節目を復権の足掛かりにする。中大の藤原正和監督は「学年を超えた競争を促すことで、手応えのあるチームに育てることができた。往路で勝負を仕掛けたい」と話し、総合3位以内に照準を合わせる。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

箱根駅伝に関するその他のニュース

その他スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング