1. ホーム
  2. スポーツ
  3. その他スポーツ
  4. 柔道日本代表、神奈川勢が再始動 決定戦12月、丸山が闘志

柔道日本代表、神奈川勢が再始動 決定戦12月、丸山が闘志

その他スポーツ | 神奈川新聞 | 2020年11月1日(日) 11:30

 柔道日本代表が東京五輪に向けた活動を再開させた。男子は10月、新型コロナウイルスの感染拡大後初となる強化合宿を実施。女子は各階級で分散合宿を行っている。海外では国際大会が始まるなど、再スタートの機運高まる柔道界。唯一代表の座が決まっていない男子66キロ級の丸山城志郎(ミキハウス)ら県勢5選手は高いモチベーションとともに新たな1年と向き合っている。

 男子は東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターを拠点に12日から17日まで合宿を行った。最注目の66キロ級は、丸山が参加した一方、ライバル阿部一二三(パーク24)は個別の調整を優先し不参加。12月の代表決定試合に向け闘いは既に始まっている。

 「お互い覚悟を決めて日々過ごしていることをひしひしと感じている」とは日本男子の井上康生監督(42)。

強化合宿を再開させた男子日本代表。高藤(右)は技にさらなる磨きをかける(全日本柔道連盟提供)

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

柔道に関するその他のニュース

その他スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング