1. ホーム
  2. スポーツ
  3. かながわ駅伝:横浜・星野、快走7人抜き3区

かながわ駅伝:横浜・星野、快走7人抜き3区

スポーツ | 神奈川新聞 | 2012年2月13日(月) 22:43

3区区間賞の快走を見せ、横浜市3連覇の原動力となった星野(右)=厚木市内
3区区間賞の快走を見せ、横浜市3連覇の原動力となった星野(右)=厚木市内

波乱含みの序盤の展開も、終わってみれば大本命の完勝だった。分厚い選手層を誇る横浜市が、危なげなく3連覇を達成した。

最大の立役者は3区の星野(専大)。「来年こそ必ず箱根駅伝に出場する」と燃える大学3年生が、仲間の出遅れを帳消しにした。

たすきを受け取った時点では9位。「予想よりちょっと遅い。追えるだけ追おう」と1キロ3分ペースでステップを刻み、1人抜き、2人抜き。ラスト約200メートルでついに首位の藤沢市を捉えた。

中継所では1秒差の2位だったが「役割は果たせたかな」。ここでチームは流れをつかみ、4区以降は昨年の全国高校駅伝に出場した稲毛(東京実高)と我那覇(同)、上原(白鵬女子高)、プレス工業のエース今村俊が、ライバルを突き放した。

丸田巌監督(50)は「星野がいい形でつないでくれたおかげ。4区以降の選手が走りやすくなった」と感謝。誰より、「僕のせいで優勝できなかったらどうしよう…」と1区16位と力を出し切れず、青ざめていた平岡(万騎が原中)を救う快走となった。

【】

プレス工業に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング