1. ホーム
  2. スポーツ
  3. カズ50歳、続く伝説

カズ50歳、続く伝説

スポーツ | 神奈川新聞 | 2017年2月27日(月) 02:00

【横浜FC-松本】=後半20分に選手交代した三浦。スタンドには誕生日を祝うボードも=ニッパ球
【横浜FC-松本】=後半20分に選手交代した三浦。スタンドには誕生日を祝うボードも=ニッパ球

カナロコスポーツ=佐藤 将人】サッカーJ2横浜FCの元日本代表で現役最年長のFW三浦知良選手が26日、Jリーグ史上初めて50歳で試合に出場した。この日が誕生日だった三浦選手は、ニッパツ三ツ沢球技場(横浜市神奈川区)で行われた松本との開幕戦に先発出場し、自らが持つリーグの最年長出場記録を50歳0日に塗り替えた。

 三浦選手は満員札止めのスタジアムで後半20分までプレー。ゴールこそならなかったが、後半には右足でシュートを放つなど大観衆を沸かせ、チームの1-0の勝利に貢献した。

純粋さとプロ精神と カズ、最年長出場記録更


 生きる伝説が、また日本サッカー史に一ページを加えた。元日本代表で現役最年長のJ2横浜FC・三浦知良選手が50歳の誕生日を迎えた26日、ニッパツ三ツ沢球技場での松本との開幕戦に先発し、自らが持つ最年長出場記録を塗り替えた。ゴールこそならなかったが、「(ピッチに入った時は)泣きそうになった。チームメートが勝利をプレゼントしてくれた」と感慨に浸った。

 弧を描いた球は力なく、キーパーの手に収まった。後半12分。自身、唯一のシュートとなった。

 「今のサッカーはFWだから攻撃だけでは通用しない。その中で(機を見て)シュートと考えているが、そういう形にはならなかった」。献身的に走った。前線でパスコースを消し、必要とあれば自陣まで戻る。攻撃時にはパスを引き出そうと、相手DFとの駆け引きを繰り返した。いわゆる「ベテラン像」とは正反対の、50歳がいた。


 「18歳でプロになって、まさか50歳までプレーするなんて思っていなかった。30歳、40歳になった時もそう。昔と違って、個の力で打開するのは難しい。それでも駆け引きや経験など、補えるものもある」

 現役続行の決め手は「試合に出られるか」ではないという。「年間を通じ、日々の厳しい練習をできるか。肉体的にも精神的にも厳しい覚悟がいる」。横浜FCの顔となって13年目。オフの間も、誰一人いない練習場で汗を流す三浦選手がいる。「彼のプロ意識を、チームとして利用させてもらっている」。中田仁司監督は戦力としてはもちろん、有形無形の波及効果を実感している。

 開幕前のキャンプで左足親指を裂傷。回復が心配されたが、抜糸をせぬまま記念の舞台に間に合わせた。

 超満員の三ツ沢には、ドイツやフランスのメディアの姿もあった。だが、カズは注目に感謝しつつも、こう語る。「集中したい時にも僕のことでざわつかせてしまう。でもチームメートは文句を言わない。本当に助けてもらっている」

 試合後には鮮やかなピンク色のスーツに着替え、胸元には真っ赤なバラを挿して現れた。30代になればベテランと言われるサッカー界で、30年以上走り続ける秘けつを問われると、「サッカーが好きだということに尽きる」と即答した。

 「サッカー小僧」としての純粋さ、「キングカズ」としてのプロ精神。節目の一日に、余すところなく自らの魅力を伝えてくれた。


サッカーJ2松本戦の後半、シュートを放つ横浜FCの三浦知良選手(右)=26日、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場(共同)
サッカーJ2松本戦の後半、シュートを放つ横浜FCの三浦知良選手(右)=26日、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場(共同)

Jリーグが創設された1993年、記念すべき初ゴールを決める、当時ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)に所属していた三浦知良選手=1993年5月26日、川崎市中原区の等々力陸上競技場
Jリーグが創設された1993年、記念すべき初ゴールを決める、当時ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)に所属していた三浦知良選手=1993年5月26日、川崎市中原区の等々力陸上競技場

優勝パレードで手を振る当時ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)の三浦知良選手(右)=1994年1月17日、川崎市内
優勝パレードで手を振る当時ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)の三浦知良選手(右)=1994年1月17日、川崎市内

三浦知良選手の歩み
三浦知良選手の歩み

三浦知良(サッカー)に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング