1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 山北の古谷が準優勝 高校総体・女子走り幅跳び

山北の古谷が準優勝 高校総体・女子走り幅跳び

スポーツ | 神奈川新聞 | 2016年8月2日(火) 02:00

【女子走り幅跳び決勝】5メートル98で準優勝した古谷(山北)=シティライトスタジアム
【女子走り幅跳び決勝】5メートル98で準優勝した古谷(山北)=シティライトスタジアム

 全国高校総体(インターハイ)第5日は1日、岡山市のシティライトスタジアムなどで12競技が行われ、神奈川勢は陸上女子走り幅跳びで古谷夢華(山北)が5メートル98で準優勝した。同200メートルは青木りん(相洋)が4位入賞。男子800メートルは薄田健太郎(希望ケ丘)が8位に入った。

 バスケットボールは男女2回戦が行われ、男子の桐光学園は68-52で国学院久我山(東京)を下したが、女子の旭は敗退した。

 卓球の団体は男子の桐蔭学園と慶応がともに1回戦敗退。女子は相原が1回戦で敗れ、横浜隼人は2回戦を突破した。

 柔道の女子団体は桐蔭学園が2回戦を突破。空手道の団体は男子の横浜創学館が3回戦を勝ち上がり、女子の光明相模原は3回戦で敗退した。

 フェンシングの女子団体の松陽は和歌山北に敗れ、2回戦で姿を消した。

亡き母から力もらう


 金メダルにはあと一歩届かなかったが、堂々と胸を張っていい。女子走り幅跳びは古谷が自己ベストを大きく更新し、準優勝に輝いた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

高校総体に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング