1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 陸上100M山縣亮太の恩師が心がけた「尊敬される生活指導」

女性自身
陸上100M山縣亮太の恩師が心がけた「尊敬される生活指導」

スポーツ | 神奈川新聞 | 2016年7月21日(木) 12:36

陸上100M山縣亮太の恩師が心がけた「尊敬される生活指導」(写真:女性自身)
陸上100M山縣亮太の恩師が心がけた「尊敬される生活指導」(写真:女性自身)

 「山縣君はスタートがうまく、その後の重心移動も、まるでリニアモーターカーのようにスムーズにスピードに乗る。今までの日本人にいないタイプの選手ですね」

 そう語るのは、リオ五輪・陸上男子100メートル代表の山縣亮太選手(24・セイコーホールディングス)の恩師で、慶應義塾大学競走部監督の川合伸太郎さんだ。

 「山縣君に初めて声をかけたのは、まだ彼が高校生時代のインターハイ。当時はまだ3番手の選手でしたが、“慶應に入れば強くなる”と確信していました」

 自分で工夫をする自由な練習環境にある同大だからこそ、ストイックな山縣選手は力を伸ばしていけたのだと川合監督は分析する。

 「性格は一貫して変わりません。ほかの人の意見は聞くけれども、自分が納得しなければ事を進めない頑固さがあります。“自分が一番”だと思っている走りに関しては、私は何も言いません。日本を代表する、尊敬される選手になるための“生活指導”がメインですね」

 川合監督の予言は的中し、前回のロンドン五輪でも好成績を収めたが、その後は肉離れや腰痛などケガに苦しんだ。

 「でも、ケガも無駄ではありません。昨年、腰痛のとき、山縣君はプールを使った練習や、体幹トレーニングを積極的に取り入れました。そのおかげで上半身や腰回り、太ももなどにも、普通の筋トレでは鍛えられない筋肉を得られました。さらには精神的な強さも身につけられました」

 今年6月には、10秒07だったロンドン五輪の自己ベストタイムを、10秒06に更新した。

 「わずか100分の1秒。ですが、そこにはケガという苦難を乗り越えたからこそ手にした、大幅な肉体的成長と精神的成長があるんですね」

 だからこそ、リオ五輪では日本人初の9秒台も現実的だという。

 「桐生(祥秀)君、ケンブリッジ(飛鳥)君など、これまでにない強いライバル、そして五輪という大きな舞台は、きっと山縣君にも“大きな力”を与えてくれると思います」

 リオは山縣が日本の陸上界の歴史に名を刻む大会になるに違いない。【女性自身】

「カナロコ」は、読者に幅広いコンテンツを提供するため女性週刊誌「女性自身」との提携を開始しました。女性誌の視点からみた政治や経済。関心が高い教育、そしてグルメ、芸能まで多岐にわたり情報を配信していきます。

【関連記事】
100Mリオ出場・山縣亮太 恩師の秘策は“焼き肉と研究DVD”
家族、恩師…身近な人が語るW杯日本代表の少年時代
桑田真澄「毎日殴られた」中学時代監督の言い分
授業密着でわかった秋田県“教育力日本一”の理由
キンタロー。恩師が明かすLINE相談「結婚悩んでいた」

陸上競技に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング