1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 横浜Mは大宮と対戦 ルヴァン杯準々決勝

横浜Mは大宮と対戦 ルヴァン杯準々決勝

スポーツ | 神奈川新聞 | 2016年7月4日(月) 09:58

準々決勝での対戦が決まり、健闘を誓う横浜M・喜田(左)と大宮・金沢 =都内
準々決勝での対戦が決まり、健闘を誓う横浜M・喜田(左)と大宮・金沢 =都内

 Jリーグのヤマザキナビスコ・カップから改称されたYBCルヴァン・カップの準々決勝の組み合わせ抽選が3日、東京都内で行われ、横浜Mは大宮と対戦することになった。昨年のJ1チャンピオンシップ決勝で対戦したG大阪と広島が顔を合わせることになったほか、他のカードは浦和-神戸、福岡-FC東京。

 昨年の決勝で鹿島に敗れ、2大会ぶりの王座奪還を目指すG大阪の遠藤は「チャンピオンになった喜びも、なれなかった悔しさも心に残っている。この大会に懸ける意気込みは強い」と話した。

 ホームアンドアウェー方式の準々決勝は8月31日と9月4日、準決勝は10月5、9日に実施。一発勝負の決勝は10月15日に埼玉スタジアムで行われる。

チーム一丸で栄冠を
 3大会前の天皇杯を最後にタイトルから遠ざかっている横浜M。ユースから昇格して4年目、不動のボランチに成長した喜田は「ここで絶対に取りたい」と栄冠を見据えた。

 昨年は予選敗退の屈辱を味わったが、ことしは名門の意地を見せた。リーグ戦で控えに回っていた選手の奮起もあり、予選B組1位で2年ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。「若い選手も含めて、チーム全員で粘り強く戦い抜いてきた気持ちは強い」と背番号28は強調する。

 準々決勝の相手は今季、J2から昇格した大宮。6月のリーグ戦では1-1のドローと侮れない相手だ。「全員がハードワークするし、組織的に戦ういい相手。ここで白黒はっきりさせたい」と再戦を待ちわびる。

 リーグ戦の第1ステージは11位と低迷したが、2日の第2ステージ開幕戦は湘南に3-0の快勝で好スタートを切った。2001年以来となる王座奪還へ、21歳は宣言する。「みんなで一丸となって、マリノスの強さを取り戻したい」

ナビスコ杯に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング