1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 大久保、自信のPK 強心臓ぶり発揮

大久保、自信のPK 強心臓ぶり発揮

スポーツ | 神奈川新聞 | 2016年6月12日(日) 02:00

79分、PKを決め、ガッツポーズする川崎F・大久保=日産ス
79分、PKを決め、ガッツポーズする川崎F・大久保=日産ス

 1-0の後半34分、小林がペナルティーエリア内で倒されてPKを得ると、大久保はもうボールを手放さなかった。

 「自信がある」。今季ここまで2度決め、一度も失敗していない。ペットボトルの水で喉を潤して呼吸を整え、ゴールを真っすぐに見据えた。

 横浜Mの榎本が左へ反応したと見るや「よっしゃ」とゴール右上を貫いた。試合を決定づける場面でも揺るがない。4年連続で2桁得点に乗せるとともに、勝利を大きく手繰り寄せたエースはやはりエースだった。

 神奈川ダービーマッチのこの日、敵地は今季最多の4万6413人で膨れ上がった。「青も水色も似た色。自分たちのサポーターだと思ってやっていた」。強心臓ぶりには恐れ入る。

 9日に34回目の誕生日を迎えた。「もう34だから、別にうれしくないですよ」。そう照れくさそうに笑い「点を取れて良かった」と胸をなで下ろす。年齢とともにゴールを重ねる背番号13の得点感覚はむしろ年々鋭くなっている気がする。

 クラブ、そして自身にとっても初となるタイトルはもう射程圏内。「あと2試合。一戦一戦、どんな内容でもいいから勝ち点3を取れるようにしたい」

大久保嘉人(サッカー)に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング