1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 「サクラセブンズ」候補・加藤選手 リオ出場報告

女子7人制ラグビー
「サクラセブンズ」候補・加藤選手 リオ出場報告

スポーツ | 神奈川新聞 | 2016年6月3日(金) 02:00

サクラセブンズの五輪出場を報告した加藤選手 =相模原市役所
サクラセブンズの五輪出場を報告した加藤選手 =相模原市役所

 女子7人制ラグビーの日本代表「サクラセブンズ」候補の加藤慶子選手(27)=相模原市緑区=が2日、相模原市役所を訪問し、「サクラセブンズ」のリオデジャネイロ五輪出場を報告した。

 加藤選手は大阪市出身。兄の影響で7歳からラグビーを始め、法政大1年時に日本代表に初選出。2009年のワールドカップに出場し、同年の東アジア大会や14年アジア大会の準優勝メンバーだった。昨年11月の五輪アジア予選でも、出場権の獲得に貢献した。

 加藤選手は現在、東京の「世田谷レディース」に所属。日ごろは勤務先の三菱重工相模原製作所(相模原市中央区田名)の社会人ラグビーチーム「三菱重工相模原ダイナボアーズ」のクラブハウスで、ウエートトレーニングなどに励んでいる。

 加藤選手は「五輪に出ることで相模原の知名度を上げたい。つないで走り回るラグビーをしていく」と意気込みを語り、加山俊夫市長は「サクラセブンズここにあり、という活躍をぜひ見せていただきたい。市民一丸となって応援します」とエールを送った。

 女子ラグビーの日本代表14人は29日に発表される。

ラグビーに関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング